行政書士 EIL国際法務事務所  support@eilconsulting.com

各国から求められ、放射線の有無を証明する産地証明の入手はどうするか


福島県内で起きた原子力発電所の事故を受けて、日本から輸出しようとする製品が、事故前に生産したものか(日付証明)、どの県で生産したものか(産地証明)、放射線量はどのくらいか(放射性物質検査証明)という内容をEUなど諸外国から求められることがあります。輸出しようとする製品と相手国により証明書の内容は大きく異なります。

■ おおまかに、対象とされるのは15都県(福島、群馬、茨城、栃木、宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、東京、千葉、神奈川、岩手、静岡)です。これらの地域で産出した食品等が輸出先国の放射性物質基準に適合することの証明が求められます。

■ 15都県以外で産出した食品等については、産出した道府県名を証明することになります。

都道府県の扱いは全体的なものではなく、相手国や産品により異なります。(下のほうに表にまとめました)

証明は商工会議所ではなく、水産物以外の食品については、各都道府県の農林担当部局で行われていましたが、平成25年4月1日から農林水産省が輸出証明書の申請の受付を開始しています。水産物については水産庁において証明書を発行することとなっています。(http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/130301.html)
農水省の窓口については、こちらになります。(http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/pdf/130301-01.pdf)
酒については国税庁で証明書を発行します。(http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/jishin/sake/)
工業製品については、放射線量の証明書の添付を求められた場合には国が検査および証明書を発行するということはありません。各自で検査機関を探して、検査してもらわなければなりません。

以下に農水省のEU向けの食品規制のお知らせについて転記します。例えば、EUでは静岡県産はきのこと茶だけに限って放射性物資検査をしなければならないということがわかります。

24食産第3716号

平成24年10月29日

各都道府県担当部長 宛
農林水産省食料産業局総務課長

農林水産省食料産業局輸出促進グループ長


EU向けに輸出される食品等に関する輸入規制の改定について


東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴い、欧州連合(以下「EU」という。)は、平成 23 年3月 28 日より日本からEU向けに
輸出される食品及び飼料について、Commission Implementing Regulation(EU)(以下「実施規則」という。)No 284/2012 に基づき、日本
の管轄当局が発行する証明書を求めております。このことを受けて、「EU向けに輸出される食品等に関する証明書の発行について」(平成 23
年 3 月 27 日付 22 国際第 1144 号)及び「海外向けに輸出される農林水産物及び食品等に関する証明書の発行について」(平成 23 年
4 月 21 日付23 国際第 83 号)等により、輸入規制措置の内容をお知らせしたところです。平成 24 年 10 月 27 日、EUは、上記実施規
則を廃止し、新たな実施規則 No996/2012(別添参照)を同年 10 月 30 日以降適用することを発表しましたので、同実施規則の概要につ
いて下記のとおりお知らせいたします。

記1.放射性物質検査証明が必要な地域及び品目(別表1参照)
(1)静岡県放射性物質検査証明が必要な品目を、全品目から、茶及びきのこ類(別表2参照)に縮小。
(2)山梨県放射性物質検査証明が必要な品目を、全品目から、きのこ類(別表3参照)に縮小。
(3)9都県(群馬、茨城、栃木、宮城、埼玉、東京、千葉、神奈川、岩手)放射性物質検査証明が必要な品目を、全品目から、きのこ類、
茶及び水産物並びに一部の山菜類、野菜、果物及び穀類(別表4参照)に縮小。
  (注)福島県については、これまで通り全ての食品等について放射性物質検査証明が必要。
(4)加工品の取扱いの明確化福島県産の食品等や上記(1)〜(3)に該当する品目を、50%以上含有する加工品について放射性物質検査
証明が必要。主原料や製品の産地が不明な食品等についても、放射性物質検査証明の添付を必要とすることを明確化。

2.産地証明が必要な地域・品目上記1以外の地域・品目については、産地証明の添付が必要。

3.酒類の全面規制解除日本酒、焼酎、ウィスキーに加え、梅酒、ビール等、酒類(EU側のCNコード(*):2203〜2208)の規制を全面的に解
除。
  (*) EUが設定している「合同関税品目分類表」(Combined Nomenclature-CN)と呼ばれる物品の分類表の番号

4.EU側でのサンプリング抽出率の明確化【
                 【改定前】    【改定後】
   放射性物質検査証明の対象品目 5%以上  →  一律 5%
   産地証明の対象品目      10%以上  →  一律 5%

5.証明書様式の改定と旧様式からの経過措置上記1.の改定に伴い、証明書様式を改定(別添参照)。平成 24 年 10 月 30 日から適
用。但し、以下の貨物に限り、経過措置として旧様式の証明書が認められる。
  @ 平成 24 年 10 月 29 日までに日本を出港した貨物。
  A 平成 24 年 10 月 31 日までに発行された証明書をもって、同年 11 月 30 日までに日本を出港する貨物。

6.適用期間規制措置の期限を平成 26 年3月 31 日まで延長。

時期により対象国および日本の基準・方法等が変更されるので、最新の資料をご覧下さい。
平成27年2月25日時点の各国が求めている情報は下記の通りです。

@ 対象品目に対する証明書発行


平成27年2月25日現在

国、地
対象品目 日付証明書 放射性物質検査証明書 産地証明書 輸入停止
EU等

(EU及
びEFT
A(ノル
ウェー、
スイス、
リヒテン
シュタイ
ン、アイ
スラン
ド)を指
す)
すべての食品(加
工品含)・飼料
平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
・福島県で産出されたすべての食品及び飼料(酒
類を除く)
・青森、山梨、新潟、静岡で産出されたき のこ類
・秋田、山形、長野で産出されたきのこ類 及び一
部の山菜類
・岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、 千葉で
産出されたきのこ類、水産物及び 一部の山菜類
並びに穀物

・上記の原料産地の品目又はそれらを 50%以上
含有する食品及び飼料

基準:EU規則322/2014
乳幼児食品:50以下
飲料水:10以下
牛乳・乳製品:50以下
その他の食品:100以下
・福島県で産出されたすべての食
品及 び飼料以外であること
・青森、山梨、新潟、静岡で産出
された きのこ類以外であること
・秋田、山形、長野で産出された
きのこ 類及び一部の山菜類以外
であること
・岩手、宮城、茨城、栃木、群
馬、埼玉、 千葉で産出されたきの
こ類、水産物及 び一部の山菜類
並びに穀物以外であること
シンガ
ポール
左記それぞれの証
明欄参照
茨城、栃木、群馬で産出された林産物、水産物
基準: 不検出(ND)であること
・福島(輸入停止の市町村以外)
で産出された米、食肉、牛乳・乳
製品、卵、野菜・果物とその加工
品、緑茶及びその製品(市町村ご
との産地証明)
・茨城、栃木、群馬で産出された
食肉、牛乳・乳製品、卵、野菜・
果物とその加工品、緑茶及びその
製品(県ごとの産地証明)
・その他の都道府県で産出された
食 肉、牛乳・乳製品、卵、野菜・
果物とそ の加工品、緑茶及びその
製品、水産物 (都道府県ごとの
産地証明)
・福島県で産出された林産物、水産物
・福島県の南相馬市、 川俣町、楢葉町、 富岡町、川内村、 大熊町、双葉町、 浪江町、葛尾村、 飯舘村で産出された全 食品及び農産物
韓国
※水産
物につ
いて
は、「韓
国 によ
る日本
産 水
産物の
輸入
規制強
化につ
いて」
(水産
庁 H
P)を参
照願
いま
す。
すべての食品(加
工品含)
平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
【13都県産の水産物以外の食品及び16都道県
産の水産物の場合】
(福島、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、
千葉、、神奈川、長野、静岡の輸入停止品目を
除く)
基準:韓国食品医薬品安全庁、農林水産 食品
部 ・ヨウ素131→100以下(乳幼児食品、乳及 び
乳加工品)、300以下(その他食品)等・セシウム
134,137→計 10以下(飲料水)、 計 50以下(牛
乳、乳児用食品)、計100以 下(一般食品)等
【13都県産以外の食品の場合
(水産物以外)】(青森、岩手、山
梨の一部の輸入停止品目を除く)
福島、群馬、茨城、栃木、宮城、
山形、新潟、長野、埼玉、神奈
川、千葉、東京、静岡以外である
こと
【16都道県産以外の水産物】 北
海道、青森、岩手、宮城、福島、
茨 城、栃木、群馬、千葉、東
京、神奈川、 愛知、三重、愛
媛、熊本、鹿児島以外で あること
出荷制限された対象都県と品目
タイ 酒類、食品添加
物等を除くすべて
の 食品(加工品
含)
平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
【3県産の場合】基準:タイ保健省 ・ヨウ素131 :
100以下(すべての食品) ・セシウム134,137 : 計
500以下(すべて の食品) ※検査報告書で輸入
【3県産以外の場合】福島、群
馬、宮城以外であること
ブラジ
福島県のすべての
食品(加工品含)
平成23年3月11
日より前に福島 県
で生産、加工 した
こと
【福島県産の場合】基準:Codexに準拠 ・セシウ
ム134,137→計1000以下(すべて の食品)
仏領ポ
リネシア
すべての食品(加
工品含)・飼料
平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
【12都県産の場合】基準:アレテNo.579CM ・ヨウ
素131→150以下(乳幼児食品)、500 以下(乳
及び乳加工品)、2000以下(その 他食品)等・セ
シウム134,137 →計 400以下(乳幼児 食品)、
計1,000以下(乳及び乳加工品)、 計1,250以下
(その他食品)等
【12都県産以外の場合】福島、茨
城、栃木、群馬、宮城、長野、
山梨、埼玉、東京、千葉、神奈
川、静岡 以外であること
レバノン すべての食品(加
工品含)・飼料・
殺 虫剤・肥料
【日本の出荷制限品目・区域以外の場合】 基
準:レバノン農業省 ・ヨウ素131:設定なし ・セシウ
ム134,137→計15以下(乳幼児食 品)、
計50以下(乳幼児用以外の乳及び乳加工品)、
計150以下(その他食品)等 ※検査報告書で輸
入可
福島、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川の出 荷制限品目
中国 すべての食品(加
工品含)・飼料
【10都県産以外の野菜及びその製品、乳及びそ
の製品、茶葉及びその製品、果物 及びその製
品、薬用植物産品の場合】 <協議中>
【10都県産以外の場合】福島、栃
木、群馬、茨城、千葉、宮城、
新潟、長野、埼玉、東京以外で
あること (但し、放射性物質の検
査証明が必要 な食品を除く)
10都県産の全ての食品
モロッコ すべての食品(加
工品含)・飼料
平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
【13都県産の場合】基準:EU規則297/2011 ・ヨ
ウ素131→100以下(乳幼児食品)、300
以下(乳及び乳加工品)、2000以下(その 他食
品)等・セシウム134,137→計200以下(乳
幼児 食品、乳及び乳加工品)、計500以下(そ
の他食品)等
【13都県産以外の場合】福島、群
馬、茨城、栃木、宮城、山形、
新潟、長野、山梨、埼玉、東京、
千葉、 神奈川以外であること
香港 食肉・家禽卵、水
産物
【5県(福島、茨城、栃木、群馬、千葉)産の場
合】 基準:Codexに準拠 ヨウ素131 : 100以下
(すべての食品) セシウム134,137 : 計1000以下
(すべて の食品)
5県の野菜・果実、牛乳、乳飲料、粉ミルク
エジプト すべての食品(加
工品含)・飼料
【11都県産の場合】基準:エジプト原子力エネル
ギー庁 セシウム134,137→計 50以下(乳
幼児食 品、牛乳・乳製品)、計 10以下(飲料
水)等、計100以下(その他の食品)等
【11都県産以外の場合】福島、群
馬、茨城、栃木、宮城、山梨、
埼玉、千葉、東京、神奈川、静
岡以外で あること
アラブ
首長国
連邦
すべての食品(加
工品含)、飼料
平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
【15都県産の場合】基準:アラブ首長国連邦環
境・水資源省 ・ヨウ素131 : 100以下(すべての
食品) ・セシウム134,137 : 計1000Bq/kg以下
(すべての食品) ※検査報告書で輸入可
【15都県産以外の場合】青森、岩
手、宮城、福島、茨城、栃木、
群馬、埼玉、千葉、東京、神奈
川、新 潟、山梨、長野及び静岡
以外であること
ブルネ
食肉、牛乳・乳製
品、野菜・果物
(生 鮮、加工)、
いも類、 緑 茶 製
品 、 水 産 物、
海藻
・福島県産の野菜・果物(生鮮・加工)、いも類、
海藻、緑茶製品 基準:Codexに準拠 ・セシウム
134,137 : 計1000Bq/kg以下 (すべての食品)
・福島県産の食肉、牛乳・乳製
品、野菜・果物(生鮮、加工)、い
も類、緑茶製 品、水産物、海藻
以外の品目 ・福島県産以外のす
べての食品
福島県産の食肉、水産物、牛乳・乳製品
マカオ 野菜、果物、乳製
品、食肉・食肉加
工 品、卵、水産
物・水 産加工品
・9都県(宮城、栃木、茨城、群馬、埼玉、東京、
千葉、長野、新潟)の食肉・食肉加 工品、卵、水
産物・水産加工品 ・2県(山形、山梨)の野菜、果
物、乳製品、 食肉・食肉加工品、卵、水産物・
水産加工品 基準:Codexに準拠 ・ヨウ素131 :
100以下(すべての食品) ・セシウム134,137 : 計
1000以下(すべて の食品)※検査報告書で輸入
・福島県の野菜、果物、乳製品、食肉・食肉加 工品、卵、水産物・水産 物加工品 ・9都県の野菜、果物、 乳製品
ロシア すべての食品 平成23年3月11
日より前に生 産、
加工したこと
【6都県産の水産物及び水産加工品を除く全ての
食品の場合】 福島、茨城、栃木、群馬、千葉、
東京の水 産物及び水産加工品を除く全ての食
品 ※放射性物質検査報告書を添付し、検査 結
果は「NotDetected」であること。 基準:セシウム
137放射性核種許容レベ ル ・セシウム137&#
8594;40以下(乳幼児食品、パン)、60以下(小
麦粉、フレーク等)、80以 下(野菜、根菜類)、
100以下(乳及び乳製 品)、130以下(魚・魚製
品)、160以下(野生ベリー類とその製品)、200以
下(肉とそ の製品)、260以下(乾魚、干魚)、300
以下 (コンデンスミルク等、野生動物肉)、500以
下(粉乳、生きのこ)等
【8県に所在する施設】の水産品及び水産加工品:福島、青森、岩手、宮城、山形、茨城、千葉、新潟
サウジ
アラビ
すべての食品・飼
料平成23年3月
11日
【12都県産の場合】宮城、山形、福島、茨城、
栃木、群馬、埼 玉、千葉、東京、新潟、山梨及
び長野の すべての食品・飼料は、政府作成の放
射 性物質検査証明書。12都県以外のすべての
食品・飼料は、放 射性物質検査結果報告書。
基準:サウジアラビア食品医薬品庁 <セシウム
134, 137の合計> 飲料水:10以下牛乳及び乳
製品:30以下 乳児用食品:30以下 その他の食
品:75以下 動物飼料:75以下
   

A 輸出事業者に対する輸出事業者証明書発行

国、地域 対象事業者 規制内容 輸出相手国の基準
バーレーン 過去に放射性物質検査結果報告書を提出し、バーレーン向けに食品を輸 出した実績のある輸出業者 日本政府が発行する過去のバーレーン向けの輸出実績に関する輸出事業者証 明書の写しで輸出可(放射性物質検査結 果報告書は不要) ※輸出事業者証明書の有効期間は1年 間 基準:バーレーンが定める食品中の放射性物質最大許容値(Bq/kg,L) <セシウム134, 137の合計> 全ての食品:1,000 飲料水:10 <ヨウ素131> 全ての食品:100 飲料水:10注1:乾燥食品の場合、放射性物質の濃度は水戻し後の測定値 により判定するものとします。注2:バーレーン保健省令No22/2005(2005年6月21日公布)で食 品はコーデックス基準(CODEX STAN 193-1995)、飲料水はGCC基準を採用していることを規定。 注3:放射性物質検査の結果が、日本の基準値を上回っている 場合は、輸出することはできない。
上記以外の者 指定検査機関が発行する放射性物質検査結果報告書の添付が必要
オマーン 過去に放射性物質検査結果報告書を提出し、オマーン向けに食品を輸出 した実績のある輸出業者 日本政府が発行する過去のオマーン向けの輸出実績に関する輸出事業者証明 書の写しで輸出可(放射性物質検査結果 報告書は不要) ※輸出事業者証明書の有効期間は1年 間 基準:オマーンが定める食品中の放射性物質最大許容値(Bq/kg,L) <セシウム134, 137の合計> 全ての食品:1,000 <ヨウ素131> 全ての食品:100注1:オマーン商工省令28/2011(2011年3月27日公布)で食品は コーデックス基準(CODEX STAN 193-1995)を採用していることを規定。 注2:放射性物質検査の結果が、日本の基準値を上回っている 場合は、輸出することはできまない。
上記以外の者 在京オマーン大使館等が領事認証した指定検査機関が発行する放射性物質検査 結果報告書の添付が必要


 サイン証明に進む

 商工会議所の発行する原産地証明に戻る

 商工会議所の発行する外国産地証明に戻る