行政書士 EIL国際法務事務所  support@eilconsulting.com

UL


UL


対象製品:全ての工業製品

概要:Underwriters Laboratories Inc.(アメリカ保険業者安全試験所)の略であり、アメリカ合衆国イリノイ州ノースブルックに本拠を構える非営利機関。
材料・装置・部品・道具類などから製品に至るまでの、機能や安全性に関する標準化を目的とした製品安全規格を策定し、同時に評価方法を設定、実際の評価試験も実施する。これら試験に合格したものはUL認証マークの使用が認められる。
ULは試験対象となった製品等について、何らかの保証を行なっているわけではない。ULに持ち込まれたサンプルを評価し安全規格を満たしたものについて、そのサンプルが量産製品の形状や構成と相似している場合に限って、合格を示すマークを表示しても良いという認可を与えているにすぎない。ULはマークを発行したリストを管理し提供することで、利用者に材料や製品などの検査履歴を知らしめる役割を果たしている。
米国ではULに合格していない商品が火災を起こした場合は、火災保険がおりないということから、米国輸出製品にはUL適合は必須となるが、国内販売にULは不要である。但し、UL適合品は難燃性に一定の基準を上回っていると言うことなので、安心材料ではある。また、国際的にもULは難燃性基準で一般的になっている。日本向けだけを考えた製品の場合はULマークがないのが普通なので、ULマークがないからといって難燃性基準を達成していないとはいえないが、輸入電気製品の多くは他国にも販売することを考慮に入れているため、ULマークがあることが多い。また、日本の企業の中には国内使用であっても難燃性を確保するためULマークを求めるところもある。

記号

主な使用材料

主な難燃評価試験

試験方法

用途

CMP

(プレナム)

フッ素系樹脂

スタイナートンネル試験

UL910

NFPA262

プレナム空間に要求されるグレード

CMR

(ライザー)

難燃性PVC

(難燃性PE)

ライザー試験
(VerticalShaft)

UL1666

複数階の床を貫通する垂直布設に要求されるグレード

CM

NH

(高難燃性)

難燃性PVC

(難燃性PE)

垂直トレイ

UL1581

IEEE383

JIS C3521

金属ラダーの布設に要求されるグレード

CMX

(VW-1)

難燃性PVC

(難燃性PE)

VW-1垂直試験

UL1581 VW-1

米国で要求される低難燃グレード

EM

一般PVC

耐燃性PE

一般PVC

60度傾斜試験

JISC3005-2000

日本の一般的難燃グレード



以下にDCケーブルに書かれているULの表示例を示す。
表示例:「E304886 RU AWM 1185 18AWG 80℃ 300V VW-1 RU AWM I A 18AWG 80℃ 300V FTI AABBCC
書かれている記号の意味は以下の通り。
E304886: UL規格の認定工場番号
RU:    活字の都合上RUと表示したが、実際の表示はULマークである。
AWM:   UL規格上の製品分類コンポーネント番号 Appliance Wiring Material
1185:   単芯線 TR-64 80℃300Vシールド線、ビニル絶縁PVC
18AWG:  AWG:American Wire Gauge、ゲージ番号18:
      AWG18の場合、直系1.02mm、断面積0.8107mm2、抵抗21.4Ω/kmを表す。
     (撚り線の場合は、直径34本/mm構成、1.21mm、0.804mm2、21.8Ω/km)
80℃:    耐熱温度
300V:   耐電圧
VW-1:   UL難燃基準
I:        CSA規格C22.2No.210に規定される内部用途を意味する
A:       CSA規格C22.No.210に規定されるElectronic用を意味する 
FTI1:    CSA規格C22.2 No.210 に規定される垂直燃焼試験に合格する
AABBCC: 電線の製造メーカー
となっている。

その他の製品に付けられているUL番号は下記の通り。
UL94:プラスチック材料の燃焼試験(積層板、プリント基板などの耐燃性)
UL746A:プラスチック材料の短期特性試験
UL746B:プラスチック材料の長期特性試験
UL746E:積層板の安全規格
UL746F:フレキシブル積層板の安全規格
UL796:プリント配線板の安全規格
UL796F:フレキシブルプリント配線板の安全規格
UL1492:音響・映像機器の安全規格
UL60065:家庭用電気の安全規格
UL60950:情報機器の安全規格

対応策: 国内販売先でULマークを求められたときは、製品や電線に マークがあるか調べる。電線にVW-1の記号があるか調べる(但しPSE対応のACケーブルは日本の基準に従い表記されているので、UL表記はないのが普通である)。
製品のプリント基板上に94V-0の記号があるか調べる。
  

 AEC 自動車用規格

 消防法(消火設備、消化機器、電線、離隔距離)